小学校の先生へのなり方を紹介するサイト

>

小学校の先生になるための具体的な方法

このコラムをシェアする

まず「教員資格」「教員採用試験」を目指す

小学校の先生になるには、大学にて所定の教職課程を学び小学校教員免許を取得するという流れを経ます。
教職課程を履修していない場合でも取れる免許もあります。
免許取得後は、地方自治体ごとに実施される試験、私立小学校の場合は各学校ごとに行われる採用試験に合格することが必要です。
公立と私立では求められる教師の資質が異なる部分もあります。
特に公立小学校の教師は、教員採用試験に合格する事が大事であり、私立小学校の場合はその学校が教師に求める能力や経験を有しているかという部分についての対策ができるか、アピールができるかが重要になります。
どちらの場合でも、学力は求められますが、学歴そのものはそこまで重要視されないといったところです。

それ以外に「小学校」に貢献する方法

小学校の先生の場合、教員免許を有していなくとも、非常勤としてであれば、幼稚園や中学校の教員免許しか無くても、小学校で教える事ができます。
その場合は助教諭免許が貰えて、非正規雇用とはなりますが、教壇に立つ事もできます。
主に産休代替などで雇用されるケースが多いので、小学校での非常勤講師はかなり少ないのですが、そういったルートもあるということは、覚えておいて損はないです。
また、学校の先生で無くとも、例えば地域の見回り支援員や、ボランティアなどでの清掃、何か社会的な功績や特別な技能を有している方であれば、講師として子供たちに自分の経験や技術などを教えたりする機会もあります。
このように、子供たちに全てを注いで関わるのであれば、学校の先生になる事が一番であると言えますが、さまざまな形で、学校や子供たちと関わり、成長を見守ることは可能なのです。