小学校の先生へのなり方を紹介するサイト

>

小学校の先生になりたい人のための情報提供サイト

このコラムをシェアする

小学校の先生というお仕事

小学校の先生は、満6歳から12歳までの児童に、学習指導や生活指導を行い、人間性と個性を育むことを仕事としています。
その仕事内容は多岐に渡り、授業における学習指導はもちろん、日々の生活指導、朝と夕方の登下校時の見守り、授業計画の作成、保護者対応、その他事務など、日々多忙な職務をこなすことが求められます。
いじめや学級崩壊、モンスターペアレンツなど、さまざまな問題を抱える現代の教育現場において、子供の感受性や豊かな心を守り、育てる小学校の先生の役割は、近年その重要性を増しています。
特に授業だけでなく、学校行事やホームルームなどで、生徒の多様性を認め、なおかつ伸ばしていくという、そうした広い視野での教育活動も、現代の教育には求められていると言えます。
次の項からは、少し俗な部分も含めて、小学校の先生のお仕事について、より詳細な解説をしていきたいと思います。

その仕事の魅力を知る

まず、授業で生徒たちにさまざまな科目を教えることが、皆さんもイメージできるであろう、小学校の先生のお仕事における代表的なものです。
基本的には指定された教材や教科書を使って授業を進めていきますが、子供たちが学び、気づき、成長していく姿を日々見守り、実感していけるそのやりがいは、他の仕事では到底得られないものだと言えます。
それ以外には、日々の校内活動や、運動会や遠足といったイベントの準備、引率、安全管理なども仕事のうちに入りますが、そうした活動の中でも、子供たちの成長を感じられるのは、小学校の先生の仕事におけるやりがいと言えるでしょう。
また、給与面もしっかりしており、地方の上級公務員程度には収入を得られます。
ただし、残業代や休日出勤の給与などはほぼ出ません。
にも関わらず、残業や休日出勤は当たり前のように存在しているのが現状のため、心身共にかなりハードな職場であるとも言えます。