2009年06月20日

湿邪とはどんな病気?

梅雨の時期に体長が崩れる人案外多いですよね?
どうしてなのでしょう?原因があるのでしょうか?

◆梅雨の不調は外と内から??◆

漢方では、梅雨の時期に起こるトラブルは「湿邪」(しつじゃ)のせいだといわれています。この湿邪とは、簡単に言うと「余分な水分」が引き起こす様々なトラブルで、大きく分けて2つの要因があるんですよ。

■ 環境や気候など、外からの影響
じめじめした湿地に住んでいたり、日本なら高温多湿の梅雨の時期がまさにそうですね。

■ 体質や飲食の不摂生など、内からの影響
もともと湿をためやすい体質だったり、冷たいもの、生もの、甘い物などの食べすぎにより起こります。


これらの要因が重なり合って、からだの重だるさや下痢、食欲不振などを引き起こしますが、北海道のような梅雨のない場所で、なおかつ飲食の不摂生などをしなければ、湿邪の影響を受けにくいということがわかります。

では逆に、この時期に体調が悪くなるひとはどうすればいいのでしょうか?
オススメの食材ってあるのでしょうか……?



◆梅雨どきの漢方養生法◆

「外」と「内」からの湿気のお話をしましたが、それぞれに対応できるオススメ食材をご紹介しましょう。

■ 環境や気候など、外からの影響
湿気は汗腺をおおい、汗を出にくくすることがあるのです。軽い運動で汗を流すのもいいですし、食材なら湿をとり、発散作用のあるしょうが、ネギ、花椒(さんしょう)などがオススメです。香り成分のあるシソ、らっきょう、ゆず、みかんの皮なども気のめぐりをよくし、痰をとったり、食欲を増進させてくれますよ。

■ 体質や飲食の不摂生など、内からの影響
水分代謝の悪い人は湿を溜め込みやすく、この時期に頭痛や吐き気、食欲不振や頭が重だるくなったりしていませんか? こういうタイプにオススメなのはお米、長芋、かぼちゃ、ナツメなどの胃腸の機能を補うものや、利尿作用のある小豆、大豆、そら豆、ハトムギ、トウモロコシ、魚ならスズキやどじょうなどがいいでしょう。

飲食の不摂生では、とくに冷たいもの、生もの、甘い物などが好きな人は、「寒湿」(かんしつ)といって手足の冷えや下痢、お腹の痛みなどを引き起こしやすいです。カラダを温めるしょうが、ネギ、唐辛子、シナモン、にんにく、ニラ、海老などを上手に食卓に取り入れましょう。

このタイプとは逆に、体内に熱をもっていたり、脂っこいものや香辛料が好きなタイプは「湿熱」(しつねつ)といって、ネバネバのウンチやニキビ、ノドの渇きや口臭などの症状が出やすいです。冬瓜、苦瓜、トマト、きゅうり、大根、昆布などを摂るようにし、お酒やお肉中心の食事には気をつけて!


この時期は上記以外のタイプでも、日頃から胃腸の機能を補う食材(上記を参照)を意識したうえで、それぞれにあった食材を取り入れるといいですね。


オールアバウト引用


「梅雨」、「漢方」の参考書


「梅雨」、「漢方」というキーワードでも、参考書がたくさん見つかります。

聚楽第・梅雨の井物語
著中西宏次 出版社:(株) 阿吽社

梅雨あけ宣言
著横森おはよう 出版社:(株) 文芸社

梅雨の日の追憶
著松野捷夫 出版社:(株) 文芸社

菜種梅雨―実践記録
著福岡県志摩町立桜野小学校 出版社:(株) 星雲社

梅雨ノ蝶 書き下ろし長編時代小説
著佐伯泰英 出版社:(株) 双葉社

梅雨の磯
著松田親雄 出版社:(株) 文芸社

梅雨あかり―古賀多三郎歌集
著古賀多三郎 出版社:(有) 短歌新聞社

梅雨と西洋風呂
著松本清張 出版社:(株) 文藝春秋

梅雨の影
著原田勝史

梅雨前線
著槙映子

梅雨将軍信長
著新田次郎 出版社:(株) 新潮社

おくり梅雨 偽者同心捕物控
著早見俊 出版社:(株) 角川春樹事務所

山茶花梅雨
著軽部やす子 出版社:(株) 日本随筆家協会

邪恋梅雨
著梅本育子 出版社:(株) 双葉社

どくだみ荘 6 梅雨のあとさき編
福谷たかし 出版社:(株) 芳文社

仕掛人 藤枝梅安梅安梅雨星
著さいとう・たかを 著池波正太郎 出版社:(株) リイド社

仕掛人 藤枝梅安梅安荒梅雨
著さいとう・たかを 著池波正太郎 出版社:(株) リイド社

気象・天気のしくみ 天気図の見方から梅雨・台風のしくみまで
編新星出版社編集部 出版社:(株) 新星出版社

雨と雪を調べる
編著日本気象協会

お天気キャスター森田さんの天気予報がおもしろくなる108の話
著森田正光 出版社:(株) PHP研究所

ペットと漢方 漢方ケアで愛犬・愛猫の健康アップ!慢性病・難病・ガンを「漢方の力」で克服する法
監修宮野のり子 編著ペットと漢方研究会 出版社:(株) メタモル出版

産婦人科漢方研究のあゆみ No.16
編集産婦人科漢方研究会 監修矢内原巧 監修青野敏博 出版社:(株) 診断と治療社

産婦人科漢方研究のあゆみ No.21
編集産婦人科漢方研究会 出版社:(株) 診断と治療社

産婦人科漢方研究のあゆみ (No.14)
編集産婦人科漢方研究会

小児疾患の身近な漢方治療 第9回日本小児漢方懇話会記録集 8
日本小児漢方交流会 出版社:(株) メジカルビュー社

漢方方意ノート
著千葉古方漢方研究会 出版社:丸善 (株)

産婦人科漢方研究のあゆみ (No.18)
編集産婦人科漢方研究会 出版社:(株) 診断と治療社

産婦人科漢方研究のあゆみ (No.17)
編集産婦人科漢方研究会 出版社:(株) 診断と治療社

やさしい漢方入門―重要30処方の運用
編総合漢方研究会 出版社:(株) 健友館

漢方医学の知識
慶應義塾大学病院漢方 出版社:(株) 星和書店

産婦人科漢方研究のあゆみ No.22
編集産婦人科漢方研究会 出版社:(株) 診断と治療社

一般用漢方製剤使用上の注意 解説
編集日本漢方生薬製剤協会 出版社:(株) じほう

実用漢方処方集
監修藤平健 監修山田光胤 編集日本漢方協会 出版社:(株) じほう

実用漢方処方集
編集日本漢方協会 出版社:(株) じほう

花粉症・アトピーを治す―最新/漢方・薬膳療法
編総合漢方研究会 〔ほか〕著村岡逸朗 出版社:(株) 健友館

小児疾患の身近な漢方治療 第8回日本小児漢方懇話会記録集 7
企画・編集日本小児漢方交流会 出版社:(株) メジカルビュー社

小児疾患の身近な漢方治療 第7回日本小児漢方懇話会記録集 6
企画・編集日本小児漢方交流会 出版社:(株) メジカルビュー社

小児疾患の身近な漢方治療 第6回日本小児漢方懇話会記録集 5
企画・編集日本小児漢方交流会 出版社:(株) メジカルビュー社

小児疾患の身近な漢方治療 第5回日本小児漢方懇話会記録集 4
企画・編集日本小児漢方交流会 出版社:(株) メジカルビュー社

小児疾患の身近な漢方治療 第4回日本小児漢方懇話会記録集 3
企画・編集日本小児漢方交流会 出版社:(株) メジカルビュー社
ラベル:湿邪 病気 梅雨 漢方
posted by 何でも教えて at 22:17| Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。